2016-09-23 | 既刊告知

「エクスタス・オンライン」が“エクスタス”な3つの理由

スニーカー文庫から好評発売中の「エクスタス・オンライン」!

編集部Kが「あぁ!なんて“エクスタス”なんだ!」と感じた本作の見所を3つご紹介します。



まずは簡単にあらすじ

 スクールカースト底辺の堂巡駆流(どうめぐり・かける)は、VRゲーム《エグゾディア・エクソダス》に君臨する最強魔王ヘルシャフトに転生。
しかも“禁断の力”(アダルトモード)まで手に入れた!

 ところが、現れたプレイヤーは、憧れの女の子・朝霧凛々子(あさぎり・りりこ)や見知ったクラスメートたち。
 朝霧たちは魔王ヘルシャフトを倒せば元の世界に戻れると信じていたが、本当は魔王が死ぬと全員の命が危険で――!?
 大切な人を救うため、堂巡/ヘルシャフトは最強の力でクラスメートを迎え撃つ!

 「魔装学園H×H」の著者が贈る、エクスタシーVRMMOファンタジー始動!!

①久慈マサムネ節が炸裂!

 「魔装学園」でお馴染みの久慈マサムネ先生が魅せる巧みなH描写は、本作でもいかんなく発揮されています。  魔王の力を得てクラスメートを駆逐したその先に待つ“男の夢”は、まさにエクスタス!

せっかくなのでエロについて掘り下げますと、本作「エクスタス・オンライン」は「魔装学園」と比べると幾分かマイルドなんですね。エロを削った分、しっかり女の子のかわいさに力が注がれています。平つくね先生のイラストも相まって大変good!



▲右が朝霧凛々子(あさぎり・りりこ)、左が雫石乃音(しずくいし・のん)。


 エロス溢れる見所もある一方で、世界観や主人公の事情、そうせざるを得なくなった背景など、読む手が止まらないほどのボリューム感が味わえます。

友達もおらず教室の隅でぼっちを極める駆流が魔王としてクラスメートを蹂躙するわけですが、やっぱりぼっちにも優しい憧れの女の子相手に剣を向ける、というのは葛藤が生まれるもの。そこを心を(既に魔王ですが)鬼にして、凛々子、延いてはクラスメートを救うために剣を振るう姿はアツいですね。


②愛すべき魔王軍の面々!

 愛すべきキャラクターが目白押しの魔王軍の皆さん。素直で義や情に厚くノリがいい愉快なお仲間です。VRゲーム《エグゾディア・エクソダス》では敵役ですが、クラスメート以上に愛着が湧いたり…?



▲左から幹部の吸血鬼アドラ、堕天使フォルネウス、ダークエルフサタナキア

 魔王のためならこの身を色んな意味で捧げようという忠誠心は、まさにエクスタス!

③魔王ヘルシャフトのしびれる名台詞!

 キレのある魔王ポエムが随所に光る本作。中でも最高にエクスタス!なポイントが、こちら。



▲ガイアがもっと輝けと囁いてきそうです。

 

「神が嫉妬し 悪魔が焦がれる

次元の壁すら越える魔王《オレ》という名の奇跡」  

どうですか。すごく共鳴しませんか。僕はします。

 これに始まる名台詞達は魔王としての自覚を得ていく駆流の成長に欠かせない要素であり、物語の要所要所でお目にかかることができます。

いかがでしたか?

 ブログでは語りきれないエクスタス!な魅力たっぷりの本作。ぜひお手にとっていただければと思います!  魔装学園第9巻と併せてプレゼントキャンペーンも開催中です。

シリーズ特設サイトはこちら

カクヨムの試し読みも!